特集

ヘイトスピーチ

特定の民族や人種など人の尊厳を傷つけるヘイトスピーチは、どんな形であっても許されません。なくすためにはどうする?

特集一覧

DHCが会長名で差別的文章 公式ウェブサイトに 専門家「差別扇動、責任大きい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
DHCの公式ウェブサイトに掲載されている吉田嘉明会長名の文章=東京都内で2020年12月16日午後2時22分、塩田彩撮影
DHCの公式ウェブサイトに掲載されている吉田嘉明会長名の文章=東京都内で2020年12月16日午後2時22分、塩田彩撮影

 大手化粧品会社「DHC」(東京都港区)が自社の公式ウェブサイトで、「サントリーのCMに起用されているタレントはほぼ全員が在日コリアン」など、朝鮮半島にルーツを持つ人々をおとしめるような文章を吉田嘉明・代表取締役会長名で掲載した。ヘイトスピーチ問題に詳しい専門家からは「社会的影響力のある大手企業による差別扇動であり、責任は大きい」と批判の声が上がっている。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

 批判が集まっているのは、DHCの公式通販サイトに掲載された「ヤケクソくじについて」と題した11月の吉田会長名の文章。自社サプリメントを他社の商品と比較する内容で、「DHCでなら500円で売れるものを5000円近くで販売している」「消費者の一部は、はっきり言ってバカですから、値段が高ければそれだけ中身もいいのではないかと思ってせっせと買っている」などと記述。競合するサントリー関連会社に触れ、根拠を示さないまま「サントリーのCMに起用されているタレントはどういうわけかほぼ全員がコリアン系の日本人です」と記述。さらに…

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1726文字)

【ヘイトスピーチ】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集