メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドブ川が半世紀で清流に 三島のNPO法人、アジア都市景観賞を国内初受賞

清流がよみがえった源兵衛川=静岡県三島市芝本町で2020年11月27日午前11時19分、石川宏撮影

 2020年のアジア都市景観賞に静岡県三島市の「『水と緑の湧水(ゆうすい)網都市』創造事業」が選ばれた。「水の都・三島」の環境資源を地域協働で再生させたことが評価された。三島市のNPO法人・グラウンドワーク三島(GW三島)が応募していたもので、国内のNPOの受賞は初。県内の受賞も初めてとなる。

 賞は、アジアの人々の幸せな生活環境を築くことを目標に国連ハビタット福岡本部(福岡市)などの4団体が10年に創設。今年は6カ国から24件の応募があった。国内はほかに「環長崎港地域アーバン…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです