「男だろ!」箱根駅伝の名文句 駒大・大八木監督が明かす最多22勝の神髄

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大八木弘明監督の指導の下、箱根駅伝へ向けて練習を行う駒沢大の選手たち=駒沢大学提供
大八木弘明監督の指導の下、箱根駅伝へ向けて練習を行う駒沢大の選手たち=駒沢大学提供

 箱根駅伝を含む大学3大駅伝で単独最多となる22勝目を11月の全日本大学駅伝で達成した駒沢大。全ての優勝に指導者として関わってきたのが、大八木弘明監督(62)である。出雲駅伝で初優勝した1997年から四半世紀近く、大学駅伝界のトップを走り続ける名物監督。1時間にわたるインタビューで指導の神髄を尋ねると、そこには子どもの気質の変化に合わせた対応と、変わらぬ芯があった。【小林悠太】

62歳、早朝から自転車で伴走

 2年前に還暦を迎えたとは思えないほど若々しく鋭い眼光と、持ち前の大声は変わらない。午前5時45分からの朝練習では10キロ以上、自転車で40歳以上年の離れた選手たちに伴走する。今春6年ぶりに自転車の伴走を再開した理由は後述するが、日中は授業の都合で4回に分けて行われる練習をずっと見つめる。「1秒落とせ」「ペースを上げていけ」。激励の声がグラウンドに響き続ける。

 「いくつになっても選手たちを見るのが好きという原点は変わらないです。現場が好きだから本気になれます。指導者が本気でトレーニングに向き合えば選手にも伝わる。だから、練習の声かけから、試合と同じ気持ちで行います。本気の声だから選手も反応してくれるんです」

 実業団ヤクルトの選手兼コーチを務めていた95年、低迷する母校の再建のため、コーチ就任を請われた。嘱託職員の待遇にもかかわらず、東京都内にある駒大陸上部の寮近くで暮らそうと、埼玉県内に建てた自宅を売り払って退路を断った。就任3年目の97年に出雲初優勝、98年に全日本初優勝、2000年に箱根初優勝と大学3大駅伝を制し、一躍強豪校の仲間入り。02年に助監督、04年に監督になっても勝ち続け、平成だけで大学3大駅伝21勝。「平成の常勝軍団」の異名を取った。

 「選手と向き合って、納得して練習に取り組ませることが大切。就任以来、『今日の練習はどうだった?』と言葉のキャッチボールを心がけてきました。下級生の時はぼんやりとした目標しか持っていない選手が多いので、こちらから『目標のためには、こういう練習をしないといけない』と伝えます。上級生になると、与えられた練習メニューに自分でアレンジを加えることを求めます。言葉のやりとりも増え、選手から『ペースをもっと上げられます』と言ってくるようになるのです」

 箱根駅伝ファンの間では、運営管理車から選手に向けて発する「男だろ!」の名文句でも知られる。熱血漢のイメージは強いものの、それだけでは長く勝ち続けることはできない。

 「声が大きいため、いつも怒鳴って厳しい印象を持たれて…

この記事は有料記事です。

残り1589文字(全文2656文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集