連載

リニアの行方

リニア中央新幹線静岡工区を巡る、静岡県とJR東海のさまざまな動きを詳報します。

連載一覧

リニアの行方

国の有識者会議 県理事、全47項目「クリアなし」 座長談話は「改善必要」 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 未着工のリニア中央新幹線南アルプストンネル静岡工区を巡り、織部康宏・県くらし環境部理事は15日の県議会危機管理くらし環境委員会で、JR東海に対して求めている47項目の協議事項について、国土交通省の有識者会議で「明確にクリアできた項目はない」と述べた。8日の第7回有識者会議は終了後、JR東海の「湧水(ゆうすい)全量戻し」の計画を前提付きで認める座長談話を公表したが、県との温度差が浮き彫りになった。【山田英之】

 委員会で、阿部卓也県議(ふじのくに県民クラブ)が「有識者会議で47項目をクリアせずに、議論を切り上げるのは困る。県はどこまでクリアされたと認識しているのか」と質問。織部理事は「47項目のうち、水資源に関する項目は29項目ある。このうち有識者会議で17項目について議論されたが、明確にクリアされた項目はない」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文784文字)

あわせて読みたい

注目の特集