メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

夜空に吸い込まれる=小野正嗣

 フランスの地方都市で詩人の家に居候していたときのことだ。

 12月のある日の夕方、詩人とともに顔なじみの書店を訪れた。

 詩人の義姉が始めた書店だった。チェーンには属さず、いまふうの言い方をすれば独立系の書店ということになるだろうか。この義姉はなかば引退し、その娘が店を切り盛りしていた。

 地階と地下階に決して広くはないが、選書の充実した売り場があり、二階はイベントスペースになっていた。そこで開催される朗読会やトークイベントに何度も足を運んだ。小説家や詩人との興味深い出会いがあった。

 あたりはすっかり暗くなっていた。吐く息は白かった。

この記事は有料記事です。

残り1999文字(全文2267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです