メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

模倣品輸入、個人用も没収へ 特許庁、商標法と意匠法改正検討

 特許庁は16日、偽ブランド品などの模倣品を輸入する際の規制を強化するため、商標法と意匠法改正の検討に入る方針を決めた。インターネット通販の普及で、海外の事業者が個人に直接送付する取引が急増したことに対応する。事業者による輸入だけでなく、個人使用が目的の商品も税関で没収する対象となる。来年の通常国会への提出を目指す。

 16日に開いた有識者会議で模倣品対策に関する報告書案を提示し、了承された。水際で国内への模倣品流入に歯止めをかけるのが狙いで、送付した海外の事業者を商標権侵害に当たると新たに位置付けた。商品を購入した個人は現状のまま罰則の対象外とする方向だ。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです