メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急現地報告「割れる米国」

一家でニュージーランドに移住した米国人ジャーナリストが明かす 「私が母国を去った理由」

米中西部ミネソタ州ミネアポリスに住んでいたジェニファー・ワーナーさん一家。左から長男リッチーさん、ジェニファーさん、夫のポールさん、次男ヘンリックさん=ジェニファーさん提供

 新型コロナウイルスの感染者数と死者数が世界一の米国。国民は分裂し、大統領選やブラック・ライブズ・マター(BLM、黒人の命は大事だ)運動をめぐって罵詈雑言(ばりぞうごん)を投げつけ合っている。ミネソタ州ミネアポリスに住んでいたジャーナリストのジェニファー・ワーナーさん(49)はそんな母国に見切りをつけ、一家でニュージーランドに引っ越した。なぜ米国を去ったのか。オンラインで取材した。【國枝すみれ/統合デジタル取材センター】

オンライン授業中に次男がこっそりゲーム

 ――米国脱出を決めた理由は何ですか?

 ◆コロナの感染拡大、トランプ政権への不満、BLMをめぐる混乱と暴動――。全部が合わさっています。

 私は医療NPOのウェブサイトに医療や公衆衛生に関する記事を書く仕事をしています。コロナの感染拡大で在宅勤務になりましたが、超激務でした。やはり在宅勤務していた理学療法士の夫ポール(49)が病院に戻ると、私一人が仕事をしながら、自宅でオンライン学習をする息子2人の面倒をみなければならなくなったのです。

 子どもたちのコンピューター画面を常にのぞいているわけにはいかない。気づいたら、次男のヘンリック(10)がオンラインゲームにはまっていました。授業に参加せずにこっそりゲームをしていたのです。

 ヘンリックは学校では先生の言いつけを聞くとても良い子でした。…

この記事は有料記事です。

残り2805文字(全文3381文字)

國枝すみれ

1991年入社。英字新聞毎日デイリーニューズ編集部、西部本社福岡総局で警察担当記者、ロサンゼルス支局、メキシコ支局、ニューヨーク特派員を経て、2019年10月から統合デジタル取材センター。05年、長崎への原爆投下後に現地入りした米国人記者が書いたルポを60年ぶりに発見して報道し、ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “耳寄り”な話・TBSラジオ 「生活は踊る」 今春5周年

  2. けいざいフラッシュ 日本酒の新価値創造へ

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 内閣府新庁舎に473億円 「霞が関最後の一等地」に計画 コロナ禍、必要性に疑問も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです