特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

都の医療体制警戒レベル、初めて「最高」に引き上げへ 入院患者、重症者数増加

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都庁=本社ヘリから撮影
東京都庁=本社ヘリから撮影

 東京都は17日、新型コロナウイルスの感染拡大による重症者数の増加などを受けて、医療提供体制の警戒レベルを4段階で最高の「体制が逼迫(ひっぱく)している」に引き上げる方針を決めた。医療提供体制のレベルが最高になるのは初めて。同日午後に開催する都のモニタリング会議で正式に決定する。現在のレベルは4段階で上から2番目の「体制強化が必要」だった。

 都内では新型コロナの感染拡大に伴い、11月下旬から入院患者数や重症者数が増加。入院患者は今月14日に2049人、重症者数も15日に78人でいずれも緊急事態宣言解除後で最多になった。今月10日の都の会議では、専門家から「通常医療との両立が困難な状況となっている」との指摘が出ていた。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文502文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集