特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

富士山の森林限界、40年で数十メートル上昇 新潟大など「温暖化で」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
富士山の森林限界(中央の線)=新潟大・崎尾教授提供(画像を一部加工)
富士山の森林限界(中央の線)=新潟大・崎尾教授提供(画像を一部加工)

 富士山の森林限界がこの40年間で数十メートル上昇しているとの調査結果を、新潟大佐渡自然共生科学センター長の崎尾均教授(森林生態学)らのチームがスイスの国際誌に発表した。地球温暖化の影響とみられる。富士山の雪景色に影響はない見込みだが、チームは「温暖化が生態系に及ぼす影響をいち早く捉えた成果だ」としている。

 森林限界は、極地や高山などで、樹木が生育できず森林をつくれなくなる場所。冬の富士山が雪化粧をする境界線がこれにあたる。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文596文字)

【気候変動】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集