メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入院中の子どもたちが四国水族館をリモート見学 大学生がロボット運び 香川

ロボットの「オリヒメ」を介して入院中の子どもたちに四国水族館を見学してもらうイベントの様子=香川県宇多津町で2020年12月17日午後3時24分、西本紗保美撮影

 香川県内の病院に長期入院中の子どもたちに、カメラ付きのロボットを活用してリモートで四国水族館(宇多津町)を見学してもらうイベントが17日にあった。香川大の学生ボランティアらがロボットを運びながら館内を案内し、子どもたちは海の生き物の観察や大学生との会話を楽しんだ。

 小児慢性疾患を持つ子どもとその家族を支援する「NPO未来ISSEY」(丸亀市)が、移動が困難な子どもの通…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

西本紗保美

北海道新聞(5年間勤務)から転職し、2020年10月入社。高松支局で高松市政、経済、教育などを担当している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです