無形文化遺産に「伝統建築工匠の技」 宮大工や左官職人の17技術 国内22件目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
17分野の技術の一つである「屋根瓦葺=かわらぶき(本瓦葺)」=共同
17分野の技術の一つである「屋根瓦葺=かわらぶき(本瓦葺)」=共同

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は17日、オンラインで開いた政府間委員会で、日本が申請した「伝統建築工匠の技 木造建造物を受け継ぐための伝統技術」の無形文化遺産登録を決めた。宮大工や左官職人らが古くから継承してきた17分野の技術の価値が世界的に認められた。委員会最終日の19日にリストに記載され、能楽や和食などに続く国内22件目のユネスコ無形文化遺産となる。

 17分野は木工や左官、瓦屋根やかやぶき屋根、建具や畳の製作のほか、建物の外観や内装に施す装飾や彩色、漆塗りなど。木や草、土といった自然の素材を活用し、奈良・法隆寺に代表される日本の伝統的な建築文化を支えてきた。

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1074文字)

あわせて読みたい

注目の特集