メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

稲庭うどん 秋田県湯沢市 高品質、職人の技術が支える

佐藤養助商店の人気メニュー「二味せいろ」=秋田県湯沢市の佐藤養助総本店で2020年11月19日、下河辺果歩撮影

 ツヤツヤと白く輝く上品な見た目。麺は細くもコシが強く、のどごしは滑らか――。

 秋田県の南部に位置する湯沢市稲庭地区で生まれ、「日本三大うどん」の一つに数えられる。

 その誕生は江戸時代初期と言われ、350年以上の歴史がある。明治時代には宮内省に納品するなど、古くから品質の高さが評価されてきた。

 湯沢市に本店があり、県内外に店を構える老舗「佐藤養助商店」は1860年に創業し、8代にわたり伝統の味を守り続けている。秋田の歴史に詳しい佐藤養助漆蔵資料館(横手市)の小林忠通館長(64)によると、3代目佐藤養助が宮内省への納品を始め、稲庭うどんのブランドを確立し佐藤養助家の基盤を築いた。ただ、この頃は生産量も少なく一般に出回ることはほとんどなかったという。

 1972年、転機が訪れる。7代目が「一子相伝」の秘法を外部にも公開し、家業から地域産業へと発展させた。身内以外の職人にも製法を伝え、雇用の確保にも貢献するなど、うどん製造を地域に根付かせた。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです