新型コロナ GoTo停止 宿泊業者ら「混乱」「痛手」 キャンセル相次ぎ /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府が旅行需要喚起策「GoToトラベル」事業を28日~2021年1月11日、全国一時停止すると発表したことを受け、県内の主な観光地はキャンセルの対応に追われている。GoToトラベルなどが奏功して客入りは回復傾向で、年末年始の期待も高かっただけに戸惑いが広がっている。【竹内之浩、藤原弘、最上聡】

 白浜町のホテル・旅館24施設が加盟する白浜温泉旅館協同組合によると、14日夜に一時停止が発表されて以降、キャンセルが相次いでいる。沼田久博理事長が経営する「紀州・白浜温泉むさし」でも16日までに約440件、1740人分のキャンセルがあったという。

 GoTo効果などで組合加盟の各施設の宿泊客数は10月がほぼ前年並み、11月は前年比6・8%増と持ち直していた。沼田理事長は「年末年始は毎年満室で宿泊単価も高い書き入れ時なので痛手だが、やむを得ない。今は感染拡大の押さえ込みに協力し、その後に期待したい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文843文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集