メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県代表・男子 小豆島中央、仲間を信じて走る /香川

都大路に向けて練習に励む小豆島中央の選手たち=香川県小豆島町の小豆島中央高校で、川原聖史撮影

[PR]

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)が20日、京都市で開かれる。県代表として、男子は小豆島中央、女子は高松工芸が都大路を駆け抜ける。両校の意気込みを2回にわたり紹介する。【川原聖史】

 県予選会で5年連続の優勝を果たした小豆島中央。計6区間で区間賞を獲得し、2位の尽誠学園に約8分差を付けて圧勝した。荒川雅之監督も「チーム力は前年より上。県記録の2時間8分13秒を絶対に更新したい」と力を込める。

 12月に入り調子を上げているのが、青木貴也選手(2年)と森本喜道選手(同)だ。青木選手は「練習ではタイムが伸びて、自信につながっている。大会では少しでも順位を上げて仲間にたすきを渡したい」と話す。

 主将の西森遼選手(3年)は「新型コロナで大会が開催されるか不安な気持ちだったが、都大路で走らせてもらえることに感謝している。メンバーを信じて、8位入賞を目指したい」と意気込む。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです