連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

小学校35人学級 少人数、地方要望強く 文科・財務、攻防痛み分け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
萩生田光一文部科学相(右から2人目)と面会し、少人数学級の導入などを要望する全国知事会など地方3団体の代表者ら=2020年7月3日午前11時25分、大久保昂撮影
萩生田光一文部科学相(右から2人目)と面会し、少人数学級の導入などを要望する全国知事会など地方3団体の代表者ら=2020年7月3日午前11時25分、大久保昂撮影

 政府は17日、公立小学校の学級編成基準(上限)を現在の40人(1年は35人)から35人に引き下げることを決めた。来年度以降、2年から学年ごとに移行し、5年間をかけて全学年で実現することになった。文部科学省は中学校も含めて一律30人への引き下げを求めたが、効果を疑問視する財務省は譲らず、「痛み分け」の決着となった。ぎりぎりまでもつれた交渉の舞台裏と今後の課題を探った。【大久保昂、田中理知】

 今月11日、首相官邸。菅義偉首相は麻生太郎財務相、萩生田光一文部科学相と相次いで面会した。用件は「少人数学級」。首相は萩生田氏に「予算で決まっていないのはこの件だけだ」と伝え、合意を急ぐように促した。

この記事は有料記事です。

残り1845文字(全文2142文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集