公明、新イージス了承 長射程弾も きょう閣議決定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公明党は17日、国会内で開いた会合で陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策として新型イージス艦に当たる「イージス・システム搭載艦」2隻を新造する政府方針を了承した。敵の射程圏外から攻撃できる初の国産のスタンドオフミサイルを導入するため、「12式地対艦誘導弾」を長射程化する計画変更も認めた。自民党は16日の臨時総務会で既に了承しており、政府は1…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

あわせて読みたい

注目の特集