メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

スシローグローバルホールディングス 水留浩一社長 店員と接触減、客足回復

スシローGHDの水留浩一社長=大阪府吹田市で、望月亮一撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの外食企業が厳しい経営を迫られる中、回転ずし最大手の「スシローグローバルホールディングス(GHD)」は売上高が過去最高となるなど好調だ。コロナ禍で、店員との接触が少ない店舗運営が支持を集めているほか、持ち帰りを利用する客も多い。コロナの収束の見通しが立たない中、今後の経営戦略について、水留浩一社長(52)に聞いた。【聞き手・鈴木健太、写真・望月亮一】

この記事は有料記事です。

残り1620文字(全文1837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです