プルサーマル下方修正 電事連目標、2030年度までに12基

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大手電力でつくる電気事業連合会は17日、使用済み核燃料を原発で再利用する「プルサーマル発電」の新たな計画を発表した。これまで「16~18基」としていたプルサーマルを導入する原発の目標数を「2030年度までに少なくとも12基」へと事実上、下方修正する。電事連の池辺和弘会長(九州電力社長)は同日、梶山弘志経済産業相と会談し、新計画のほか、使用済み核燃料の中間貯蔵施設を電力各社で共同利用することを検討する方針を報告した。

 今年7月、プルトニウムを再利用するための日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)が国の新規制基準を満たしたと認定され、22年度上期に完成予定が迫っていることを受け、計画を見直した。改定は09年以来となる。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1199文字)

あわせて読みたい

注目の特集