特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

JR九州、新幹線減便と終電繰り上げを発表 21年3月のダイヤ改正で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR九州のダイヤ改定で減便される九州新幹線「つばめ」=福岡市博多区の博多駅で2020年12月18日、石田宗久撮影
JR九州のダイヤ改定で減便される九州新幹線「つばめ」=福岡市博多区の博多駅で2020年12月18日、石田宗久撮影

 JR九州は18日、2021年3月13日のダイヤ改定で、博多駅発着の九州新幹線15本や特急を削減し、県庁所在地の主要駅の普通・快速の終電時刻を最大25分繰り上げると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による鉄道利用客の減少で業績が悪化しているため、運行本数を減らしてコストを削減する。

 九州新幹線は一日に121本運行しているが、九州内のみを運行する「つばめ」のうち博多―熊本を走る13本と、山陽新幹線への乗り入れがある「さくら」のうち、博多―鹿児島中央だけで運行している2本を削減する。

 特急は博多―長崎の「かもめ」1本、博多―小倉・門司港の「きらめき」5本をそれぞれ削減し、博多―大牟田の「有明」を廃止する。「かもめ」3本と、博多―大分の「ソニック」12本は年末年始やイベント開催時などに限って運行する臨時列車にする。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文982文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集