「黒衣」の職人が表舞台に 各地で歓喜、若手増期待 「工匠の技」無形文化遺産

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
17分野の技術の一つである「屋根瓦葺=かわらぶき(本瓦葺)」=共同
17分野の技術の一つである「屋根瓦葺=かわらぶき(本瓦葺)」=共同

 日本の伝統的な木造建築を守るために連綿と受け継がれてきながら、注目されることはほとんどなかったたくみの技術。17日に正式決定された「伝統建築工匠の技」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産登録は「黒衣として支えてきた」職人を表舞台に上げた。各地の関係者に歓喜が広がり、若手増加に期待する声も上がる。

 日本伝統瓦技術保存会(奈良県生駒市)の竹村優夫代表理事は「社寺仏閣などを『黒衣』として支え、強い信念で技術伝承と後継者育成に当たってきた」と胸を張る。「取り組みが認められたようで大変喜ばしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文669文字)

あわせて読みたい

注目の特集