メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国と北海道、アイヌ団体のサケ捕獲権は「法的根拠ない」と主張 先住権訴訟

札幌地裁=岸川弘明撮影

 北海道浦幌町のアイヌ民族団体「ラポロアイヌネイション」がサケを捕獲することは先住民族に認められた先住権で、これを禁じる法や道規則が適用されない確認を国と道に求めた訴訟の第2回口頭弁論が17日、札幌地裁(高木勝己裁判長)であり、国と道は「法的な根拠がない」として請求棄却を求めた。

 国などは準備書面で、国連の先住民族権利…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです