投票率アップのきっかけに… 伝統工芸「春慶塗」投票箱を導入 岐阜・高山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岐阜県高山市の選挙管理委員会が導入し1月の知事選から使用される「飛驒春慶塗」の投票箱=岐阜県高山市花岡町の高山市役所で2020年12月16日、大竹禎之撮影
岐阜県高山市の選挙管理委員会が導入し1月の知事選から使用される「飛驒春慶塗」の投票箱=岐阜県高山市花岡町の高山市役所で2020年12月16日、大竹禎之撮影

 岐阜県高山市の選挙管理委員会は次の選挙から、国指定伝統工芸品「飛驒春慶塗」の投票箱を一つ、導入する。有権者が「投票したい」との思いを抱くきっかけになることを狙った。今月23日から1月7日まで市役所1階インフォメーション横のショーケースで展示し、来月投開票の知事選で「実戦デビュー」する。

 春慶塗の投票箱は縦54センチ、横30センチ、奥行25センチと市内の投票所で一番多く使われている箱と同じサイズで、約4000票を投票できる。箱の外側と内蓋(ふた…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集