東京・調布道路陥没、有識者委「トンネル工事が要因の可能性高い」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
10月に陥没した住宅街の道路=東京都調布市で2020年10月18日、本社ヘリから玉城達郎撮影
10月に陥没した住宅街の道路=東京都調布市で2020年10月18日、本社ヘリから玉城達郎撮影

 東京都調布市の住宅街で道路が陥没した問題で、東日本高速道路の有識者委員会は18日、直下の大深度で行われていた東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事で土砂が引き込まれたとみられるとし、「工事が要因の一つである可能性が高い」と指摘する調査結果(中間報告)をまとめた。同社は記者会見で「工事との因果関係を認めざるを得ない。おわび申し上げる」と謝罪し、周辺住民に補償する方針を明らかにした。

 トンネル工事は「大深度地下利用法」に基づき、地下47メートルで行われていた。同法は、用地買収や地権者の同意なしに地下40メートルより深い場所の利用を認めるもので、実際の工事は4例あるが、他に道路陥没の報告はない。今後の調査で工事が陥没の原因と認められれば初のケースになる。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1028文字)

あわせて読みたい

注目の特集