鴎外も泊まった廃旅館が現代アートの館に 奇抜なコンセプトに商店街活性化の願い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
文字を使ったローレンス・ウィナーさんの作品が展示されたヘリテージタワー正面=前橋市本町2の白井屋ホテルで2020年12月11日午後、尾崎修二撮影
文字を使ったローレンス・ウィナーさんの作品が展示されたヘリテージタワー正面=前橋市本町2の白井屋ホテルで2020年12月11日午後、尾崎修二撮影

 廃業旅館がアートの館に――。12月に前橋市にオープンした白井屋ホテルのコンセプトは度肝を抜く。外観、客室、ロビー……。国内外の現代アートがちりばめられ、既存のホテルの常識を打ち破る。海外客を呼び込み、シャッターが目につく商店街を活性化するランドマークとしても期待されるホテルはどのようにしてできたのか。【尾崎修二】

 JR前橋駅から、人気のまばらな並木通りを歩く。群馬県庁にもほど近い国道50号沿いに、白塗りの無骨な建物がたたずんでいる。街の風景に溶け込んでいるようだが、壁にはポップで鮮やかな巨大な英字やイラストがホテル名とは別に飾られている。

この記事は有料記事です。

残り2077文字(全文2350文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集