中間貯蔵施設の共同利用案に青森・むつ市長が反発 「核のゴミ捨て場ではない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
青森県むつ市の宮下宗一郎市長=むつ市役所で、平家勇大撮影
青森県むつ市の宮下宗一郎市長=むつ市役所で、平家勇大撮影

 大手電力でつくる電気事業連合会の清水成信副会長と経済産業省の幹部が18日、青森県むつ市を訪問し、同市の使用済み核燃料の中間貯蔵施設を電力各社で共同利用する案を宮下宗一郎市長に説明した。宮下氏は中間貯蔵施設がなし崩し的に最終処分場になってしまうことへの懸念を伝えた上で、「むつ市は核のゴミ捨て場ではない。全国の燃料の受け入れ先がむつ市である必然性はない」と反発し、共用化ありきの議論はできないと強調した。

 中間貯蔵施設は、東京電力ホールディングスと日本原子力発電の使用済み核燃料を貯蔵する前提で設立された。電事連は2社だけでなく原発を持つ電力各社で共同利用したい考え。清水氏は「地元の理解を得る努力をしながら検討を進めたい」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文739文字)

あわせて読みたい

注目の特集