特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

愛知全域の時短要請初日 3日で実施に戸惑う飲食店 「ステッカー」申請殺到

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛知県が「安全・安心宣言施設」に認定したPRステッカー(右端)を掲げる飲食店=名古屋市中区で2020年12月18日午後6時21分、酒井志帆撮影(画像の一部を加工しています)
愛知県が「安全・安心宣言施設」に認定したPRステッカー(右端)を掲げる飲食店=名古屋市中区で2020年12月18日午後6時21分、酒井志帆撮影(画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルス拡大防止のため、愛知県が酒類を提供する飲食店などに時短営業を要請するエリアが18日、県内全域に拡大された。全県が対象となる要請は「第1波」最中の4月17日~5月6日以来。15日の発表からわずか3日で実施となり、県のコールセンターには戸惑う事業者からの問い合わせ電話が10倍以上に増え、対応に追われた。

 午後9時までの時短営業の対象は、接待を伴う飲食店や酒類を提供する飲食店など約3万店舗。11月29日からの要請先は名古屋市中区の一部約2500事業者で、対象数は一気に拡大した。要請は年末年始をはさむ1月11日まで。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文844文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集