特集

全国高校駅伝2020

2020年12月20日に京都市で開かれる男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

「ピンクシューズ」今年は? 高校駅伝、事前取材で浮かぶ驚きの数字

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
全国高校駅伝でピンク色の厚底シューズを履いて走る男子の選手たち=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影
全国高校駅伝でピンク色の厚底シューズを履いて走る男子の選手たち=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催、SGホールディングス特別協賛)が20日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に開催される。前回大会は、ピンク色が目にまぶしい「厚底シューズ」勢が席巻したが、今年はどうなるのか。出場校を取材してみると、驚くべき数字が浮かび上がった。【新井隆一】

 厚底シューズは米スポーツ用品大手のナイキ社製で、反発力を高めるカーボンファイバー(炭素繊維)のプレートを宇宙産業用の軽い素材で挟み、反発力やクッション性、軽量化を実現している。軽い薄底の靴を履いてきた陸上長距離界の常識を覆し、実業団の指導者の間では「5000メートルで15秒、1万メートルで30秒速くなる」との見方が広がる。男子マラソンの世界記録などが塗り替えられ、全国高校駅伝でも昨年は足元がピンク色に染まった。その後も、正月の箱根駅伝で区間新記録が相次ぐなどして話題を呼んだ。

 全国高校駅伝に出場する男女計94チームに使用予定の靴についてアンケートしたところ、…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1282文字)

【全国高校駅伝2020】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集