特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

セガサミー野球部が復旧ボランティア 昨年、台風被災の恩方中 練習拠点・八王子に感謝込め /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
校舎裏手の土砂をかきだすセガサミー野球部の選手ら=東京都八王子市上恩方町の市立恩方中で 拡大
校舎裏手の土砂をかきだすセガサミー野球部の選手ら=東京都八王子市上恩方町の市立恩方中で

 第91回都市対抗野球大会で4強に入ったセガサミー野球部が、2019年秋の台風19号で被災した八王子市立恩方中学校(同市上恩方町)で復旧のためのボランティア活動と生徒にスポーツを指導した。セガサミー野球部は同市に練習拠点があり、地元への感謝を込めて汗を流した。

 恩方中は台風で崩れた裏山の土砂が大量に敷地内に流入した。セガのメンバーは14日から5日間、延べ約120人が恩方中に入った。スコップを手に土砂をかき出して袋詰めし、土のう1000袋以上をトラックで搬出。野球や女子ソフトボール、陸上部の部活動に参加して、部員とキャッチボールなどをした。

 17日は6人が参加。都市対抗の準々決勝で好投した森井絃斗投手(21)は「地元の応援がパワーになった。恩返ししたい」。準決勝で本塁打を放った根岸晃太郎選手(27)は「ありがとうという言葉が励みになる。野球の魅力を子どもたちに伝えたい」と話した。竹田幸恵副校長は「本当に助かる。子どもたちにもいい機会になった」と感謝していた。【野倉恵】

〔都内版〕

あわせて読みたい