メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に
ぐるっと東日本・くつろぎの宿

白井屋ホテル/上 建物内外に芸術作品 全25客室、異なる趣向に /東京

プロダクトデザイナーのジャスパー・モリソンさんが手掛けたスペシャルルーム=前橋市の白井屋ホテルで

白井屋ホテル 前橋市本町2の2の15

 JR前橋駅から、人けのまばらな並木通りを歩く。県庁にもほど近い国道50号沿いに、白塗りの無骨な建物がたたずんでいる。街の風景に溶け込んでいるようだが、壁にはポップで鮮やかな巨大な英字やイラストがホテル名とは別に飾られている。

 元々は2008年に閉館した老舗ホテルだった。眼鏡チェーン大手「JINS」を展開するジンズホールディングス(東京)のCEO、田中仁さん(57)=前橋市出身=が廃ホテルを買い取り、5年に及ぶ大規模改修や新棟建築の末、12月12日にオープンした。民間主導で進む前橋のまちづくり計画プロジェクトの目玉の一つだ。

 世界的に著名な芸術家やデザイナーの作品を建物の内外や客室の中に大胆に取り入れているのが特徴だ。建物正面の文字も米国出身のローレンス・ウィナーさんの作品である。全25室の客室に飾られている作品や部屋のコンセプトなどは、異なるアーティストが手がけている。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです