メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

「こんな人もいる」片隅に 私の聴覚のこと

 <学ぶ・育つ・挑む>

 私は生まれつき左耳が聞こえない。「普通」に見せたくて、積極的には友達に言っていない。自分の思いを整理したい、そして「こんな人もいる」ということを知ってもらえたらと、私のことを書く。(奈良県立大2年、若杉悠里)

 ★小学生の時

 幼いころは、「聞こえない」ということに気が付かなかったため、「左耳は聞こえていない」と母に教えられてもあまり理解できなかった。分かったことは「普通の人とは違う」ということだ。

 「聞こえていない」ことを初めて理解した時の記憶は鮮明にある。小学校のときの聴力検査だ。右耳からは音が聞こえるのに、左耳からは全く聞こえなかった。数人で同時に検査を受けていたため、クラスメートの手元を見た。皆、なんともなさそうにボタンを押している。検査が終わった後、「聞こえたの?」と友達に聞いた。私の機械だけ壊れていた、と思いたかったからだ。

この記事は有料記事です。

残り2455文字(全文2838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入禁止なのに「含まれていない」として輸入? 石綿水際対策の実態

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 「ラブライブ!」Tシャツを無断販売の疑い 35歳無職を書類送検 神奈川県警

  4. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです