下関「生野きらきら子ども食堂」 コロナ禍中断、炊き出し形式で復活 きょう、おにぎりと豚汁提供 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
豚汁の具材を準備するボランティアたち
豚汁の具材を準備するボランティアたち

 新型コロナウイルスの感染拡大により、春から中断していた下関市の「生野きらきら子ども食堂」が、炊き出し形式で復活する。19日正午から、市立生野小のグラウンドで塩おにぎりと豚汁約50人前を用意し、訪れた人に無償で持ち帰ってもらう。午後1時までで、無くなり次第終了する。【佐藤緑平】

 生野きらきら子ども食堂は、2016年7月から「高齢社会をよくする下関女性の会」の田中隆子代表(75)が中心となって始めた。「支援を必要としている子どもたちに届いてほしい」との思いで毎月2回、同市生野町の集会所…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集