特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

「桜」前夜祭不記載 安倍前首相を不起訴へ 秘書は年内略式起訴 東京地検

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三前首相(66)の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、東京地検特捜部は、政治資金規正法違反などの容疑で告発状が出ていた安倍氏について、年内にも不起訴処分とする方向で上級庁と最終調整に入った模様だ。安倍氏本人の聴取結果を踏まえ、刑事責任の有無について最終判断する。開催費の費用補塡(ほてん)に関わった公設第1秘書らについては、同法違反(不記載)で略式起訴する方針とみられる。

 関係者によると、公設第1秘書が代表を務める「安倍晋三後援会」は、前夜祭を2013年から東京都内のホテルで開催。安倍氏側がホテル側へ支払った開催費用は15~19年の5年間で約2300万円だったが、1人5000円だった会費の総額は約1400万円で、差額が生じていた。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文728文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集