連載

排除する政治・学術会議問題を考える

学術会議推薦の新会員候補者のうち6人を菅首相が「任命拒否」した問題が尾を引いている。この問題をどう見るか、識者に聞く。

連載一覧

排除する政治・学術会議問題を考える

/中 政権、意図的に「誤解」拡散 東大教授・本田由紀氏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=和田大典撮影
=和田大典撮影

 日本学術会議の新会員候補6人が菅義偉首相から任命されなかった問題は、学術会議のあり方そのものにまで論点が拡大しつつある。9月まで会員だった本田由紀・東京大教授(教育社会学)は「菅首相は任命拒否の問題から学術会議のあり方に国民の目をそらそうとしているのではないか」と批判する。【木許はるみ】

 ――本田さんは2014年9月に学術会議の会員になり、20年9月に6年の任期を満了しました。任命拒否の問題を発端に、政府は行政改革の視点で会議のあり方を検討しようとしています。

 ♦そもそも今回の問題は、学術会議で完結するはずの会員の選考に政治が介入してきた手続き上の問題です。それにもかかわらず、学術会議の活動そのものに議論がすり替えられています。仮に会議のあり方に問題があったとしても、まったく切り離して考える必要があります。

この記事は有料記事です。

残り2755文字(全文3114文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集