特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

岩間陽子・評 『白い土地 ルポ 福島「帰還困難区域」とその周辺』=三浦英之・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
『白い土地 ルポ 福島「帰還困難区域」とその周辺』
『白い土地 ルポ 福島「帰還困難区域」とその周辺』

 (集英社クリエイティブ・1980円)

報じられぬ不都合な事実

 年が明ければ、東日本大震災と福島原発事故から十年である。コロナとオリンピックの間で落ち着かないが、それでも3・11を忘れるわけにはいかない。メディアは福島関連の映像であふれ、書店には関連本がうずたかく積まれることだろう。

 福島については多くの情報に接した気でいたが、この本を開いてみると、知らないことばかりだった。著者は朝日新聞記者として二〇一七年秋に福島県内に着任し、一九年五月から南相馬支局に勤務した。それから約一年の間、復興の光の当たらない土地で生きる人々を取材し続けた。新聞記者にしかできないことがある。テレビカメラはその場にいなかったのだから、その時そこにいた人々に話を聞き、文字にすることでしか伝えられないことがある。

 《白地(しろじ)》と地元で呼ばれる土地がある。原発事故により放射線量が高く、居住できない「帰還困難区域」の中で、政府は「特定復興再生拠点区域」と定めた場所の除染を優先的に進め、住民の帰還を促してきた。しかし、実際には帰還困難区域の大部分はこの区域には含まれない。生い茂る草の「海」の緑は、置き去りにされた白い乗用車を飲み込んでいく。人間が自然をてなずけることを放棄した時、風景はこんなにも変貌するも…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1386文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集