メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

2020年「この3冊」/下(その2止)

『アウグストゥス 虚像と実像』

本村凌二(東大名誉教授・西洋史)

 <1>アウグストゥス 虚像と実像

 バーバラ・レヴィック著、マクリン富佐訳(法政大学出版局・6930円)

 <2>コロンブスの図書館

 エドワード・ウィルソン=リー著、五十嵐加奈子訳(柏書房・2970円)

 <3>石坂洋次郎の逆襲

 三浦雅士著(講談社・2970円)

 <1>若くしてカエサルの養子相続者に指名され、やがて初代ローマ皇帝になった人物の生き様を描く大作。生来、武勇でも寛容でもなかったが、平和の実現のためにはそうならんと努めた計算高い男だったらしい。碩学(せきがく)の筆致には最高水準の香りがある。

 <2>新大陸を発見したコロンブスの燦然(さんぜん)たる業績も、一族への妬みや中傷もあり、地に落ちつつあった。息子エルナンドは情報と蔵書の収集にもとづき反論の論拠を示し、知識保存の重要さを歴史に刻んだ。歴史の醍醐(だいご)味(み)を感じさせる傑作。

この記事は有料記事です。

残り2493文字(全文2884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです