メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みっちん大変・石牟礼道子物語

/8 海底/1 迎えに来た兄さま=米本浩二

=田鍋公也撮影

 <土曜カルチャー>

 ◆海底(うなぞこ)

前回までのあらすじ

 石工集団を束ねる水俣の吉田組は放漫経営が災いして破産した。道子の家は「差し押さえ」の処分を受けた。吉田一家は村はずれのとんとん村に移り、かんじん殿たちと親しく交わる。ある日、益田四郎と名乗る見知らぬ少年が訪ねて来た。

 盲目で狂気のおもかさまと孫の道子は一心同体である。おもかさまは放浪癖がある。遊郭の女性らは往来でおもかさまを見かけると、「今日はご気分のよかばいねえ」などと声をかけてくれる。迷子になったおもかさまを連れてきてくれるのも彼女たちである。

 おもかさまを自壊の発作が襲うことがある。往来でわめきちらす。身内の黒猫のオレはからだをすくませるしかない。恥ずかしいし、はためいわくだが、おもかさまだって、好きでやっているわけではなかろう。探しているのだ。投網で魚を捕る漁師みたいに、ここと思う場所に言葉を放って、アタマの奥のソナーに引っかかるのを待っている……。

この記事は有料記事です。

残り1948文字(全文2362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです