特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

菅首相の大ブーメラン「偽証罪に問われる証人喚問を」民主政権を鋭く追及

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院本会議で所信表明演説をする菅義偉首相=国会内で2020年10月26日午後2時23分、竹内幹撮影
衆院本会議で所信表明演説をする菅義偉首相=国会内で2020年10月26日午後2時23分、竹内幹撮影

 GoToトラベルの停止を発表しながら会食に出かけるなど、やることなすこと疑問だらけの菅義偉首相。ところが、自民党が野党だった10年前の菅氏のブログ「意志あれば道あり」をみると、実に切れ味鋭い政権批判を展開している。さて、前回のブーメラン発言3選に続き、時事芸人のプチ鹿島さんと菅政権を襲う新たなブーメランを紹介したい。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

 「お答えを差し控える」という答弁を自ら批判していた菅首相のブログ。菅直人政権の柳田稔元法相が、地元の会合で「法務大臣は個別事案については答えを差し控える、法と根拠に基づいて適切にやっている、この二つだけ覚えておけば良い。この二つだけ言っておけば国会を乗り切れる」と発言したことを「国民を冒涜(ぼうとく)する発言」と痛烈に批判した投稿である。

 このブログを読み進めると、さらに大きなブーメランが隠されていた。馬淵澄夫元国土交通相と北沢俊美元防衛相についての発言だ。

 <尖閣問題のビデオ映像流出について、馬渕国交大臣は第一報…

この記事は有料記事です。

残り2034文字(全文2475文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集