中国外相、米中の「共存」呼びかけ 「米国の影響力や利益尊重」介入には反発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
王毅外相
王毅外相

 中国の王毅国務委員兼外相は18日夜、米国際交流団体とのオンライン会合で「中米はアジア太平洋地域で共通の友人グループを持てる」と述べた。新型コロナウイルス対策などについても米国のバイデン次期政権に連携を呼びかけ、米中の共存を訴えた。一方で、台湾や香港などを巡る対立点では歩み寄る姿勢を見せなかった。

 王氏は「中国は、米国がアジア太平洋地域に持つ影響力や利益を尊重し、協力したいと考えている」と強調。次期米政権に対して「バイデン氏が掲げる優先政策のうち、少なくとも新型コロナ、経済の立て直し、気候変動の3大領域で…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集