“海猿”50年で合同潜水訓練 7管各海保選抜の6人 福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
重さ20キロの装備を付けたままリレーで泳力を競う潜水士たち=福岡市博多区東平尾公園2で2020年12月1日午後1時51分、大坪菜々美撮影
重さ20キロの装備を付けたままリレーで泳力を競う潜水士たち=福岡市博多区東平尾公園2で2020年12月1日午後1時51分、大坪菜々美撮影

 海上保安庁が人命救助の潜水業務を本格的に始めて50年になる節目を記念し、第7管区海上保安本部(北九州市)は、福岡市博多区の県立総合プールで、合同潜水訓練を実施した。

 約3時間の訓練は福岡、長崎、大分の各海保の巡視船から選抜された潜水士6人が参加。空気ボンベなど重さ約20キロの装備を付けたまま2人1…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

あわせて読みたい

注目の特集