メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬に増す「コロナ空気感染」の脅威 ウイルス研究者が説く「第3波」への正しい備え

大阪府の「赤信号」点灯から一夜明け、マスク姿で通勤する人たち=大阪市北区で2020年12月4日午前8時31分、山崎一輝撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、政府が国民に対策の徹底を求めた「勝負の3週間」が過ぎたが、感染者の増加に歯止めがかからない。ウイルス感染症に詳しい国立病院機構仙台医療センターの西村秀一・ウイルスセンター長は、現状を「感染爆発の導火線に火がついている状態」にたとえ、冬場に危険度を増す「空気感染」への警戒を強く呼びかける。マスクの正しい使い方から、「GoToトラベル」停止の評価まで、気になる疑問をじっくりと聞いた。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

「冬は怖い」 感染しやすく、重症化リスクも

 ――11月下旬以降、新型コロナの感染が急拡大し、重症者の数も増えています。勝負の3週間が16日に終わりましたが、その傾向は変わっていないようです。現状をどう見ていますか。

 ◆冬場の感染拡大は、予想通りです。感染爆発状態の米欧に比べれば踏みとどまっている方だと思いますが、決して楽観できる状況ではありません。例えるなら、爆弾の導火線の先に火がついてチリチリしているような状況でしょう。医療体制は逼迫(ひっぱく)してきており、何も対策を取らなければ爆発する可能性があります。

 ――冬場はなぜ感染が拡大しやすいのでしょうか。

 ◆せきや呼気に伴って口から出てくる粒子は、たんぱく質などの物質や水分を含んでいます。空気中に浮遊するこれらの粒子を「エアロゾル」と言いますが、乾燥すると粒子の大きさが小さくなっていきます。夏は高温多湿のため乾燥が遅く、粒子が大きいまま浮遊しているため、体内に取り込まれにくかったり、鼻や喉など上気道でとどまったりすることが多い。その場合は感染しても、鼻風邪程度や無症状で終わる可能性があります。一方、冬は湿度が低く、乾燥が早いため、短時間で粒子が小さくなる。エアロゾルがただよう範囲が広くなり感染しやすくなる上、小さいため肺の奥まで入っていきやすい。そうすると肺で病巣を広げ、重症化をもたらす可能性が高くなるのです。

 このほかにも▽冬は寒さのため、閉鎖的で「密」な環境にいる機会が増える▽寒さや乾燥によって、異物を排除する喉の機能が低下する――といった要因があります。総合すると冬は感染が広がり、重症化しやすいため「怖い」季節なのです。

「空気感染」に注意 正しい換気とマスク着用を

 ――冬場の感染対策で、特に気をつけたいことは何でしょうか。

 ◆「空気感染」です。これは空気を介した感染で、空中を浮遊する病原体を含んだエアロゾルを吸い込むことで起きる感染です。エアロゾルは、せきなどによる「…

この記事は有料記事です。

残り2616文字(全文3676文字)

牧野宏美

2001年入社。広島支局、大阪社会部、東京社会部などを経て19年5月から統合デジタル取材センター。広島では平和報道、社会部では経済事件や裁判などを担当した。障害者や貧困の問題にも関心がある。温泉とミニシアター系の映画が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです