1万本のロウソクが照らし出すアマビエ 福岡・うみなかキャンドルナイト

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 約1万本のロウソクの明かりで1ヘクタールの地上絵を描き出す「うみなかキャンドルナイト」が19日、福岡市東区の「海の中道海浜公園」で始まった。

 今年の絵のテーマは新型コロナウイルスの感染終息を願う「平穏な日常への祈り」。地球を中心に多様な人種の人たちや動物、疫病退散の御利益がある妖怪「アマビエ」が手…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文281文字)

あわせて読みたい

注目の特集