特集

全国高校駅伝2020

2020年12月20日に京都市で開かれる男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

20日に全国高校駅伝大会 男女各47校が都大路に 開会式なし、応援自粛呼び掛け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
本番を前にトラックの感触を確かめる各校の選手たち=たけびしスタジアム京都で2020年12月19日、山田尚弘撮影 拡大
本番を前にトラックの感触を確かめる各校の選手たち=たけびしスタジアム京都で2020年12月19日、山田尚弘撮影

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会は20日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に男子が7区間42・195キロ、女子が5区間21・0975キロのコースで行われる。男女とも都道府県予選を勝ち抜いた各47校が出場する。

 19日は監督会議があり、出場校のオーダーが決まった。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開会式は行われず、選手たちは同スタジアムや周辺で最終調整に臨んだ。

 レースは女子が午前10時20分、男子が午後0時半にそれぞれスタートする。男女ともスタート時にイン、アウトの2グループに分けて密集を回避し、最初の曲走路を終えた約200メートル地点で合流する。大会事務局は、発着点の同スタジアムへの観客の入場を禁止しており、周辺や沿道での応援自粛を呼びかけている。【森野俊】

<男子監督>

 倉敷・新雅弘監督 (上位に食い込めるかは)1区の長塩次第。今年は展開が読めない。南坂を4区に起用したのは次期エースだから。プレッシャーのかかるところで走らせる。

本番を前にトラックの感触を確かめる各校の選手たち=たけびしスタジアム京都で2020年12月19日、山田尚弘撮影 拡大
本番を前にトラックの感触を確かめる各校の選手たち=たけびしスタジアム京都で2020年12月19日、山田尚弘撮影

 3区のイマヌエルも、ロードレースや競り合う展開を経験していないので不安材料。(目標は)考えていません。良かったら「良かったな」で帰ります。

 東農大二・城戸口直樹監督 (1区の石田は)非常に状態がいい。昨年、不完全燃焼で終わっている。自分の納得いくレースで、悔いなしというところに期待したい。

 特に指示は出していない。出したところでレースって動くから。自分でここというタイミングはレースの流れによって違うので、むしろ出すとそれが自分の力を発揮させられない要因になる。私のほうからは一切指示は出してない。

 5区が最後に決まるまで時間がかかった。拮抗(きっこう)した力関係でモチベーションを保てていて、本当にいいチームができた。(5区の)大田和は手術もして、ブランクが3、4カ月あった。最後の大会に懸ける思い、チームに対する思いは非常に強い。(9位だった)昨年に流した上級生の涙まで払拭(ふっしょく)するような走りを期待したい。

 九州学院・禿雄進監督 (鍵を握るのは)やっぱり(1区の)鶴川。1区がどういう滑り出しでどの位置でくるか。(鶴川の)調子自体は良さそう。故障から立ち上がってきてるから。いい方向にはきている。

本番を前に競技場で練習する各校の選手たち=たけびしスタジアム京都で2020年12月19日、山田尚弘撮影 拡大
本番を前に競技場で練習する各校の選手たち=たけびしスタジアム京都で2020年12月19日、山田尚弘撮影

 7人が(力を)出し切らんと上にはいけないからこの大会。生やさしいものではない。その中でも1区が大事。(東農大二の)石田君に対するライバル心は持っていると思う。やっぱり高校生といえど、勝負師だから彼らは。勝ち負けにはこだわろうと。それが向上心につながって強くなっていく。(鶴川は)何年間に1人出るような選手だろうと思う。(九州学院OBの)末続慎吾に匹敵する。すべてにおいて。

 世羅・新宅昭二監督 (5000メートル)13分台の4選手はどの区間もいける。留学生は3区に決めて、あとはポイントの1、4、7区にした。1区の森下は夏合宿で地力をつけて力は一番。(トップと)30秒以内でつなげれば。

 アンカーの塩出は必ず最後にフィニッシュテープを切ってくれると期待している。他の選手と比べてもラスト勝負ではひけをとらないと思っている。(3区は留学生だが)他のライバル校も留学生が3区なので、そこで後れを取ることは絶対に避けたい。もし1区で流れに乗れなくても3区で挽回してくれるかな。3区でリードしていれば、御の字。折り返しでリスタートしたい。

 仙台育英・真名子圭監督 吉居は一番力があるので1区に起用した。周りの有力ランナーにチャレンジして、行けるところまで行けと伝えている。連覇へ4区までに先頭に立ち、後続と差を広げたい。

 大会記録(2時間1分18秒)を狙わないと優勝できないと思っている。他校の戦力は(タイムの)数字でしか見ていないので分からない。なので最低限、昨年のうちの記録(2時間1分32秒)を上回るぞと選手に話している。

 佐久長聖・高見沢勝監督 伊藤は集団走が得意なので1区にした。留学生を擁するチームに20秒差をつけてくれればありがたい。3区の越は強気なので留学生とも勝負できる。ベストオーダーが組めて私も楽しみ。

 ポイントは4区の吉岡。間違いなく3区で留学生が前に出るので、追い上げの口火を切ってほしい。本当に1年生なのかなというぐらい落ち着いていて、調子も上向き。「注目の1年生」にふさわしい走りをしてくれると思う。20秒差以内で吉岡につなげられれば。

 優勝候補として注目していただいているが、浮足立たないよう、6位以内という目標にした。ただ、6位以内には1位も含まれる。優勝を狙うなら2時間1分台の勝負。流れ次第だが、面白いレースになると思う。

 大牟田・赤池健監督 1、2区がうまくいかないことが多いので、1区に太田、2区に林と信頼できる3年生を置いた。そこがうまく流れれば楽しみ。各区間で大牟田の過去最高タイムを目指せば、おのずと入賞圏内になるのでは。

 (新型コロナウイルス対策で福岡県予選はトラックレースで実施しており)1年生を含めて(ロードでの)駅伝で思いをつなぐのが全国大会というのは、逆に素晴らしいことだと思う。

 小林・上原将平監督 3区までで良い位置につけたい。1区の冨永には1桁台の順位、欲を言えば5番以内でたすき渡ししてほしい。3年ぶりの出場で経験者がおらず、初出場と同じ。思い切りチャレンジしたい。

 目標タイムは2時間1分40秒で、やるからには優勝を目指す。思っていたより3区に留学生が集まったが、3区が終わって3番以内なら理想的な展開。アンカーは1年生の服部で、度胸が良い。少しでも楽な位置でたすきを渡してあげたい。

<女子監督>

 橘・田代洋平監督 直前まで見極めたかったので、18日の調整を見てオーダーを決めたが、事前に予想していた通りになった。周りに惑わされずに食らいつき、1時間10分以内でフィニッシュしたい。

 状態がとても良く、状況判断がうまい金子を1区にした。京都に到着してから(選手たちは)浮足立っているように見えたが、やってきたことをやるしかない。自分たちが納得できる走りをしてほしい。

 神村学園・有川哲蔵監督 1区で粘ってトップとの差を最小限に抑えてもらいたい。1区がうまくいけば、2区以降はうまく流れていく。

 追う展開になっても、トップと20秒差以内で5区のバイレにつなげられたら(トップに立てる)。今年は全国高校駅伝が開かれるのか不安だったが、やっとここまで来られた。3年生が中心なので、全員落ち着いている。

 安城学園・石田桂監督 みんな調子が良く、オーダーは調子のいい順です。1区の磯部はうちで一番速いので、そこで流れに乗ることができたら。

 これまで全国に行くことが目標だったので、(初出場を果たして)ここでの目標がまだない。「元気に楽しく走ってこよう」「憧れの都大路を走れるのがうれしい」とみんなでワクワクしている。

 仙台育英・釜石慶太監督 少しでも貯金を作ってアンカーの米沢というのが理想だが、選手には「貯金を作らなきゃ」と硬くなってほしくない。4区まで神村学園、立命館宇治と並走し、米沢にすべてを託すぐらいで考えている。

 予選の時点で昨年同様、約1分の差がある史上最強のチーム(神村学園)がいるので、ディフェンディングチャンピオンというよりはチャレンジャーの気持ち。3年生1人の若いチームでもあるので、思い切って勝負してほしい。

 立命館宇治・荻野由信総監督 前半に差をつけるため、力のある三原、細谷を全体の半分近い距離となる1、2区に起用した。アンカーは3年連続で村松灯に託したが、調子を上げ続けており、頼りになる。

 他チームを見ると、全てバランスが取れているのが神村学園。5区までに30、40秒つけなければいけないと思っている。力量としてはかなわないかもしれない。しかしすべて人の子なので、予想通りになるとは限らない。

【全国高校駅伝2020】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集