メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連覇狙う仙台育英に世羅、佐久長聖などが挑む 20日開催、高校駅伝男子展望

本番を前にトラックの感触を確かめる各校の選手たち=たけびしスタジアム京都で2020年12月19日、山田尚弘撮影

[PR]

 全国高校駅伝男子(毎日新聞社など主催)は20日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に行われる。

 男子は、連覇を狙う仙台育英を筆頭に、世羅や佐久長聖などを中心に優勝争いが展開されそうだ。豊川、学法石川も力がある。

 都道府県予選会のタイムが全国トップの仙台育英(42・195キロのロードレースで実施)は、1区に吉居を起用。選手層が厚いだけに、1区で先頭から大きく離れずにたすきを渡せれば、連覇への視界が開けてくる。

 5000メートル13分台の選手4人を擁する世羅も、1区に森下を起用。留学生は3区、アンカーの塩出もスピードランナーで、仙台育英と似た傾向のオーダーを組んだ。

 留学生がいない佐久長聖も1、3、4区の主要区間に5000メートルの13分台ランナーを配置。高見沢勝監督は4区の吉岡をキーマンに挙げ、「3区は(他校に)前に出られるだろうが、巻き返しの口火を切ってくれる」と期待を寄せる。

 前回大会で4校が入賞した九州勢も有力校がそろう。前回4位の九州学院は1区・鶴川の走りで流れに乗りたい。5000メートルの平均タイムランキングが全国4位の大牟田も13分台ランナーの太田を1区に配した。

 東農大二は5000メートル高校最高記録をマークした石田を1区に起用した。石田を軸に序盤からハイペースの展開になれば、全体として大会記録更新の可能性も出てくる。【伝田賢史】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです