メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スクール・ウォーズの軌跡

伏見工の名は消えても…初優勝メンバーが継ぐ「ラグビー流教育」

全国高校ラグビー大会京都府予選決勝で後輩たちの試合を見守る山口良治さん(手前左)と高崎利明さん(同右)=京都市左京区の宝が池球技場で2020年11月8日、大西達也撮影

 汗と涙が詰まったグラウンドには雑草が生え、二つのH字形ポールがひっそりと立っていた。「16歳から通った場所。思い出は数え切れないぐらいある」。高校ラグビーで数々の名勝負を演じてきた伏見工(京都市伏見区)の花園初優勝時(1980年度)のメンバーで、監督としても2度の全国優勝へと導いた高崎利明さん(58)は夕暮れの中、懐かしそうに母校のグラウンドを見つめた。

「山口先生を悲しませたらあかん」と結束

 伏見工は2018年3月末、全日制が閉じた。洛陽工と統合し、京都工学院として再出発している。残る定時制(4年制)も来春には他校と統合され、京都奏和(そうわ)になる。20年春に伏見工の定時制校長に就任した高崎さんは9月から、開校準備を進める京都奏和の校長も兼務。今の1年生が卒業する24年春、「伏見工」の名は消える。

 78年春に入学した高崎さんは、小柄ながら判断力に秀でたスクラムハーフだった。その年は高崎さんら中学時代に「オール京都」に選出されたメンバーの多くが伏見工へ進んだ。後に日本代表で活躍し、「ミスター・ラグビー」と称された平尾誠二さん(16年に53歳で死去)も、その一人だった。入学前に伏見工のラグビーに魅せられた選手が多かったという。

 有望選手が集まった背景には、当時の監督で元日本代表FWの山口良治さん(77)の存在もあった。当時はやんちゃな部員もいたが、高崎さんは「山口先生を怒らせたらあかん、悲しませたらあかんという一線は、みんなが守っていた。勝つためにどうするかを考え、自分で矯正していく力がついた」と振り返る。

平尾さんを「飛ばした」パスの内幕は…

 1年生の時は京都府予選決勝でライバルの花園高に敗れた。控え選手だった高崎さんは悔し涙を流し、記念品としてもらった小さなトロフィーを川へ…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文2195文字)

石川裕士

1986年、千葉県生まれ。2012年入社。広島支局、和歌山支局を経て、18年4月から大阪本社運動部でアマチュア野球などを担当。小中高では野球や卓球、バドミントンをプレーしていた。健康維持のため、阪神タイガースの近本光司選手がインスタグラムでレシピを紹介していたスムージーを毎朝飲んでいる。好きな言葉は謙虚、優しさ、絆。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです