特集

おとなの週末

覆面取材で見つけた旨いお店の情報を掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』公式サイト(講談社ビーシー)からの提供記事を掲載しています。

特集一覧

おとなの週末

渋谷でリーズナブルに本格寿司を楽しむならココ!拘りのシャリで握った寿司は絶品☆

情報提供おとなの週末

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

店主の新田さんは爽やかに、でも芯のある眼差しでこう言った。「令和の江戸前として時代と街に合わせながら自分の握りをきっちり提供したいと思っています」。

すし宗達(最寄駅:初台駅)

令和の時代の江戸前を追求する若き店主の心意気

穏やかなシャリはそれゆえ。赤酢と白酢の合わせ酢を一度沸騰させて酸味を飛ばすなど、幅広い年齢層に馴染むよう配慮したやさしい風合いだ。が、ネタは王道。豊洲一の仲卸から仕入れるマグロや細やかな仕事が光る小肌など確かな腕に唸りまくる。それが1貫88円~と聞けば目玉が落っこちるほどパチクリするが、「コースもいいけど好きなネタを自由に味わってほしくて」。心意気、最っ高です。

コース 料理7品

5500円 29174fe67043fa8e7a1a03c33a550af7 焼き物、揚げ物、珍味まで揃うつまみと、旬の握りが付くコース。天然の生本マグロは星付き店など多くの名店も支持する仲卸「やま幸」から仕入れる。この日は131㎏の塩釜産

おまかせ にぎり12貫

3960円 2ac3ba99598089219f52c9d6e284b33f ネタはほぼ天然物で、毎日豊洲に足を運んで選んでいる。シャリは酸味がまろやかで子供もお年寄りも好きな味

小肌

308円 134e90a0782ff7fac9d1e03e31ffed21 その店の味や仕事がわかる江戸前の代表格。しなやかな身は脂のりと香りの良さが際立つ。この日は佐賀県産で、しっとりやさしい味わいになるよう〆ている

お店からの一言

83269a8b712f6543bb112579262194b5 店主 新田真治さん 「地道にコツコツと。この街と人に愛される寿司屋にしたいと思っています」

すし宗達の店舗情報

c9bc7c7238faae9c55b29a244d2ad69f [住所]東京都渋谷区本町1-58-7 [TEL]03-3374-1650 [営業時間]17時~24時(23時LO)、日17時~22時(21時LO) [休日]水 [席]カウンターあり、全17席/全席禁煙/予約可/カード可(VISA、MASTER)/サなし、お通し代528円別 [交通アクセス]京王新線初台駅北口から徒歩7分

電話番号 03-3374-1650
撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々 2019年11月号発売時点の情報です。

関連記事

寿司 髙はし(寿司/駒込)のグルメ記事と写真

すし 松玄(寿司/恵比寿)のグルメ記事と写真。

すし晴海(寿司/銀座)|赤酢と白酢の2種のシャリを使い分ける

鮨處 やまだ(寿司/銀座)|旨みが変化した熟成ネタの奥深さに唸る

寿司孝|秘伝のヅケから大トロの希少部位まで食べ比べ(寿司/門前仲町)

あわせて読みたい

注目の特集