新幹線延伸 「工事中断可能性も」 残土処分地いまだ決まらず /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2030年度の開通を目指す北海道新幹線札幌延伸工事について、鉄道建設・運輸施設整備支援機構の依田淳一局長は18日、トンネル掘削で出る残土の処分地が来年度中に決まらない場合、「一部のトンネルで掘削をやめたり、施工を中止したりしなければならない可能性もある」との見通しを示した。

 機構によると、新函館北斗―札幌間(約212キロ…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

注目の特集