メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

クリスマス前の4週間はローマ・カトリック教会で…

[PR]

 クリスマス前の4週間はローマ・カトリック教会で「待降節」と呼ばれる。日曜ごとに教会のろうそくを1本ずつともし、心待ちにする。今年、指折り数える子どもたちの心配事は「サンタは来られるの?」だろう▲コロナの感染再拡大で外出制限下のイタリアでは男児が「世界中で贈り物を配れるようサンタに特別許可証を出して」と首相府に懇願。「国際許可証を持っているから大丈夫」とのコンテ首相の返信が話題になった▲あなたもサンタになれる――。寄付された絵本を困窮家庭に届ける「ブックサンタ」活動に取り組むNPO法人「チャリティーサンタ」はそう呼びかける。受け取り希望の家庭が今年は昨年の倍近い約1200戸に上った▲代表理事の清輔夏輝(きよすけ・なつき)さん(36)によれば、応募アンケートに約半数が「コロナで収入減」などと答えた。幸い、協賛書店で24日まで受け付け中の寄付は右肩上がりだ。「困っている子どもがいると想像し、行動する人が増えている」▲シリア内戦で左腕を失った青年ブラヒさん(20)の支援を続けるNGO「Team Beko」は彼が描いた牛の絵柄の年賀はがきを作った。購入申し込みは予想を大きく上回る1万6640枚に達した▲約200万円の売り上げは治療費に充てられる。「早く元気になって、と購入する高齢者が目立った」と代表の佐藤真紀さん(59)。ブラヒさんからは「健康と生きる意味を回復させてくれた」と謝意が伝えられた。コロナ下に広がる連帯の輪。大切にしたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです