連載

松尾貴史のちょっと違和感

放送タレント・松尾貴史さんのコラム。テレビから政治まで、「違和感」のある話題を取り上げます。

連載一覧

松尾貴史のちょっと違和感

菅首相の「があすう」あいさつ コロナ深刻なのに情けない

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
松尾貴史さん作
松尾貴史さん作

 新型コロナウイルスの、という書き出しにもううんざりするが、その感染拡大が深刻化する中、指導者として国民の疑問に答えようという意思の全く感じられない記者会見と称する朗読を演じてみせることしかしないのに、インターネットの動画配信サイト「ニコニコ生放送」のインタビューにはにこやかに登場するのが、「があすう」こと、菅義偉首相である。登場するや、司会者の鈴木哲夫氏から一言を求められ、「皆さん、があすうです」と、こんな状況下でにこやかにおどけてみせるこのセンス、というよりも含羞のなさは何だろう。多数の死者まで出てしまっているのに、人格を疑う。ドイツの議会で拳を振って強い危機感を語ったメルケル首相の姿を見て、「があすう」首相と同業なのだと思うと情けないにも程がある。

 親しみやすさを演出しようという意図だろうが、ネット上で「ガースー」という呼び名で揶揄(やゆ)されていることについて、自分はダメージをみじんも受けていないという虚勢なのか。

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1547文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集