メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ患者が入院直前に死亡 軽症と判断、自宅待機中に 広島

広島県庁=東久保逸夫撮影

[PR]

 広島県と広島市は20日、翌日からの入院が必要と判断し、いったん帰宅させた60代の新型コロナウイルス患者が死亡したと発表した。医師の診断を受けた後に容体が急変したという。自宅待機中の患者の死亡は県内で初めて。

 発表によると、この患者は、別の患者の濃厚接触者として10日にPCR検査を受けた。13日に陽性が判明し、37・7度の発熱や血たんの症状があったが軽症と判断された。心筋梗塞(こうそく)や糖尿病などの基礎疾患があり、患者と家族から「重症化が心配」と市に相談があり、県は県立広島病院(南区)での受診を調整した。医師は14日、自力歩行している状況などから「ただちに入院が必要ではない」と判断。翌日からの入院を調整して患者は帰宅したが、15日朝に自宅で亡くなっているのを家族が発見した。14日深夜に死亡したと推定されるが、死因は不明。

 県の木下栄作健康福祉局長は「重く受け止める。受診日に入院させなかったのは医師の総合的な判断」と説明。病床の逼迫(ひっぱく)状況と医師の判断は関連しないという。一方で遺族は市に対し「なぜ入院できなかったのか」などと説明を求めているという。

 この日、県内では広島市80人▽呉市5人▽福山市と東広島市各4人――など計98人の感染を新たに確認。感染者は2299人(再陽性含む)、死者は14人となった。【小山美砂】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです