特集

全国高校駅伝2020

2020年12月20日に京都市で開かれる男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

世羅、男子最多10回目V 咲いた男女の大輪、自粛中も自主練習 全国高校駅伝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1位でフィニッシュする世羅の塩出=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影 拡大
1位でフィニッシュする世羅の塩出=たけびしスタジアム京都で2020年12月20日、山田尚弘撮影

 男子第71回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催、SGホールディングス特別協賛)は20日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開かれ、世羅(広島)が5年ぶり10回目の優勝を果たした。世羅は女子も同日の第32回大会で5年ぶり2回目の優勝を果たし、5年ぶり2回目の男女同時優勝を飾った。

 出場50回目の節目に、歴代最多を更新する10回目の優勝で花を添えた。主将でエースの新谷紘ノ介(3年)が「強い先輩たちがいたからこその記録で、僕たちの代で途切れさせるわけにはいかない。今年を新たな起点に、世羅の名前を全国にとどろかせたい」と語った通りの快走を見せた。

 高校生トップランナーの証しとされる5000メートル13分台の選手が、日本人だけで3人。今季は新型コロナウイルスの影響で春先は各選手が広島県内各地の実家に帰省し、自主練習となったが、選手たちは毎日のように練習内容を報告し合い、トレーニングを続けた。

 2年生ながら自己ベストが13分57秒の塩出翔太は「同学年のライバル(森下翔太)には負けたくない」と、普段とほぼ同内容の練習を消化した。その森下も、スピード強化を重視した練習を重ねて自己ベストを13分57秒とし、昨年から40秒以上も更新。「例年ならばメンバーに入れる選手が入れない」と新谷主将も驚く選手層の厚さが実現した。

 2年前の大会は、優勝した倉敷(岡山)に6区で逆転を許し、14秒差で2位。雪辱を期した前回大会は、1区の出遅れが響いて12位。1年時から都大路を走り続けてきた新谷は「世羅は優勝するチームじゃないといけないと感じた」と悔しさを押し殺し、今大会に懸けてきた。

 1950年の第1回大会から連覇するなど、大会の歴史に名を刻んで来た世羅。これからも、都大路の主役は譲らない。【伝田賢史】

【全国高校駅伝2020】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集